2021年11月19日のつぶやき

年収103万円までは「配偶者控除」、201万円以下までは「配偶者特別控除」を受けられるのは皆さんご存知かと思います。 しかし、夫の所得が900万円以上からは段階的に控除額が引き下げられ、所得が1,000万円以上になると、配偶者控除と配偶者特別控除は適用されませんので注意が必要です!
【著者プロフィール】久保 智也(公認会計士・税理士)|クボトモ税務会計事務所 代表
2021年よりクボトモ税務会計事務所を設立し、税務会計顧問、資金調達支援、事業計画策定支援及びM&Aサポートを提供している。 大手監査法人にて、金融機関を中心に政府系金融機関、地方銀行等に対する監査業務に従事。また、 IFRS監査、内部統制監査、SOCR業務等にも従事していた。 大手アドバイザリー会社では、M&Aトランザクションサービスを中心に業務を提供しており、金融機関、ベンチャー企業及び事業会社に対する財務デューデリジェンス業務及び企業価値評価にも従事していた。
クボトモ税務会計事務所_お問合せ
PAGETOP